« アンテナ5 | トップページ | 同軸ケーブル »

2006年9月22日 (金)

アンテナ6

今日でひとまずアンテナのお話しは一区切りです。

アンテナは電波の出入り口であり最も重要な部分だと思います。

同じアンテナでも上げている高さやロケーションで、実際の聞こえ方や飛び方が大きく変わります。

この内ロケーションは簡単に変えることは出来ませんので、高さを含め今いるところでどのように工夫するかだと思います。

タワーが建てられる方は可能な限り高いタワーを上げたいでしょうし、ルーフタワーの方も少しでもアンテナを高く上げたいと工夫されていると思います。所謂アパマンハムの方もベランダのスペースなどをうまく活用されていると思います。

あまり欲張ってもいけませんが、色々な条件の中でもし可能ならばアンテナの大きさは小さくても1mでも高く上げられることをお勧めします。

高さが高くなればDXの信号も聞こえるでしょうし、インターフェアーも減る可能性が高いです。

勿論大きなアンテナを高く上げることが出来る方はいいですが、なかなか難しいので小さいアンテナでも高く上げれば結構楽しめると思います。

私も今よりアンテナを高く上げたいと思って計画しています。

|

« アンテナ5 | トップページ | 同軸ケーブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187815/11970432

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ6:

« アンテナ5 | トップページ | 同軸ケーブル »