« 本の購入 | トップページ | 名人 »

2006年9月15日 (金)

名人戦

将棋のタイトルで最も有名なのは”名人”だと思います。

名人になるための道のりは大変長い物です。

まず将棋の棋士と呼ばれているのは四段以上の方々だけです。四段になると棋士番号がもらえます。現在まで263名の方が棋士になられています。この四段になるのも大変ですが、四段になってまず最初に順位戦というカテゴリーに入ります。(これにあてはまらないフリークラスもありますがここでは省きます。)

順位戦にはクラスがあって下から順にC2、C1、B2、B1、Aの5クラスに分かれています。四段の棋士はC2にまず入り1年間戦って成績上位3名だけがC1に上がれます。その後B2、B1、Aには毎年成績上位2名が上がります。

そしてA級の10名総当りのリーグ戦で一番上位の棋士が挑戦者となり、名人と七番勝負の戦いをし、先に4勝した者が名人となります。

これだけの難関をくぐりぬけた2人の棋士が繰り広げる名人戦は熱戦が多く、見ていてすばらしいなと思うことが多いです。勿論私の力ではわからないことだらけではありますが、ほんとうにすばらしいです。

|

« 本の購入 | トップページ | 名人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187815/11910579

この記事へのトラックバック一覧です: 名人戦:

« 本の購入 | トップページ | 名人 »