« カー・オブ・ザ・イヤー情報 | トップページ | 将棋 »

2006年9月10日 (日)

最初の無線機

アマチュア無線の免許を取って最初に触った無線機は、ヤエスのFL-50,FR-50のラインです。そのころは21MC(あえて昔のメガサイクルを使いました)のコンディションが良くてヨーロッパが大変強く入っており、59+20db以上で入ってました。

この経験がDXを追いかけるきっかけだったと思います。

その後TR-1000やスカイエリート6(スカ6)を使った6mのAMにのめりこみました。6mAMではJCCにはまって確か300市ぐらいまでやったと思います。それからDXに戻り今日に至っています。

現在の無線機と比較したら、安定度が悪く周波数は100KHz以上簡単に動くし、受信感度は悪かったりしますが、その当時はそれでも十分楽しめました。

スカ6で最初に電波を出した時は、室内でM型コネクタの芯線部分に1.5m程度のビニール線を差し込んで強引に電波を出しました。これでも10Kmぐらいは飛んでQSOできました。今から考えるとかなり強引だったなあと思います。その後無電の5エレメント八木を屋根の上に上げて楽しみました。

最近の無線機はすぐにプロテクトがかかりますが、昔の無線機はかなり無理がきいたと思います。

|

« カー・オブ・ザ・イヤー情報 | トップページ | 将棋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187815/11842913

この記事へのトラックバック一覧です: 最初の無線機:

« カー・オブ・ザ・イヤー情報 | トップページ | 将棋 »