« DSP-599ZX | トップページ | VAIO2 »

2006年10月17日 (火)

リニアアンプ

今日はリニアのお話しです。

Dsc00288

これはヤエスのVL-1000というリニアアンプです。

1.9MHz~50MHzまで1KW出すことができますが、RTTY等の連続送信はパワーダウンして使用した方がよいようです。

現在は3.5MHz~28MHzは1KW、50MHzは500Wで使用しています。

バンドチェンジは無線機からコントロールできるのはいいのですが、例えば21.005MHzのCWをやった後に、21.295MHzのSSBで使いたい場合はF SETのボタンを押す必要があります。

この点の改善をWDXCにお願いしてみたのですが、残念ながら出来ないようです。

おおむね気に入っているのですが、この点だけは不便ですね。

|

« DSP-599ZX | トップページ | VAIO2 »

コメント

へ〜、VL-1000ってバンド内でQSYしてもオートチューニングしてくれないんですね。
IC-PW1は100KHzステップ70CHの自動プリセットで、バンド内でQSYしても勝手にカチャカチャ追従してくれるし、さらにその状態でVSWR1.5以上あれば自動的にチューン取り直してくれたような・・・

AMPとしての作りは、YAESUのほうがしっかり作ってあるような気がしますけどね。

投稿: obs | 2006年10月17日 (火) 22時05分

VL-1000は良く出来たリニアアンプなんですが、同じバンド内で100KHzごとにF SETを押す必要があるのは面倒ですね。

いまのところ次のモデルの話はないようなので、大事に使おうと思っています。

JF1UVJ 水村 磨

投稿: JF1UVJ 水村 | 2006年10月18日 (水) 04時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187815/12321307

この記事へのトラックバック一覧です: リニアアンプ:

« DSP-599ZX | トップページ | VAIO2 »