« 今朝は40m | トップページ | ZD8QD »

2007年2月22日 (木)

電源ケーブル

今日はFTDX9000Dの電源ケーブルを取り替えました。今までは付属の100V用ケーブルを使っていました。WDXCも200Vを推奨されていますので今回変えてみました。

今回使用するコネクタとケーブルは以前拝見したJI1ANI福井さんのブログを参考にオヤイデ電気オンラインショップで購入しました。無線機側の3Pコネクタはちょっと贅沢ですが金メッキの4781PBGにしました。電源ケーブルはCV-S 2×3芯にしました。200V用3Pプラグは以前から持っていた物(200V 20Aタイプ)を使用しました。インターフェアー対策用に無線機から出たところでTOKINのパッチンコアを10個つけました。

200Vに変更したからといって特に大きな変化は見られませんが、多少レギュレーションが良くなったはずと思っています。

|

« 今朝は40m | トップページ | ZD8QD »

コメント

おお、ついに電源ケーブルを交換されたのですね。標準品よりもレギュレーションが良くなるのでSSBの音質面はともかく、CWの立ち上がりの特性が良くなる効果が一番大きいと思います。
モニターした限りではSSBの音質変化については自分でも「気のせい」のような気もしますが、CWの符号の立ち上がりを無線機で最短に設定すると、交換前に最短に設定した時よりもスパッとあがるように感じています。
オシロでみると、多少は変化があるのではないかと思いますけど、オシロ持っていないのです。

でもCV-S 2x3のシールドって、とっても安心感があると思いませんか?

投稿: JI1ANI 福井 | 2007年2月23日 (金) 00時16分

福井さんありがとうございます。
ようやく重い腰を上げて何とか交換しました。

確かにSSBはモニターしても気のせいか良くなったかなあ?位に感じる程度ですが、CWは確かに立ち上がりが良くなったと感じています。実際に波形を比較したわけではありませんのであくまでも感じたというだけですが。

アース用のケーブルはインターフェアーを考慮して接続していません。無線機の出口から2本のみしか繋いでいません。

CV-S2x3芯ケーブルは安心感がありますね。シールドも良いし。ただケーブルが硬いのであまり曲がりませんね。家では無線機の後ろにスペースがあるので問題ないですが。

投稿: JF1UVJ 水村 | 2007年2月23日 (金) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187815/14010477

この記事へのトラックバック一覧です: 電源ケーブル:

« 今朝は40m | トップページ | ZD8QD »