« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

1年間ありがとうございました。

今年もつたないブログをご覧いただきありがとうございました。

今年は記事数も少なくつまらないブログとなってしまった感があります。

来年はもう少し記事数を増やしたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

今年はなんと言っても10月22日付けで念願のDXCC HR #1になれたことが最も大きな出来事でした。

DXCC HR #1を完成できたのは、皆様の様々なサポートがあったからこそと感謝しております。ありがとうございました。

今後もマイペースでDXを楽しいんで行こうと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (4)

2009年12月23日 (水)

今日のDX

今日は夕方40mCWにJ5Vがでてきました。聞いてみるとなんとか呼べるレベルです。

早速開いているところで呼んでみると程なくコールバックがありました。

情報によるとすでにアンテナを撤去されて5T5に行かれるようです。

5T5からも聞こえてくることを期待しています。

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

CQ誌2010年1月号

CQ誌2010年1月号が届きました。

Qsl_124_2

今月号で注目した記事は特集のサイクル24の電波伝搬と今後のゆくえです。

サイクル24がどのようになるかについて大変興味があります。今月号の記事は色々と参考になりました。

できればハイバンド、特に6mが大オープンすることに期待しています。

| | コメント (2)

2009年12月15日 (火)

FTDX5000MPの価格

今日月刊59の2010年1月号が届きました。

表紙はJA3MAH羽岡氏製作の6m1KWリニアアンプです。

Qsl_122

裏表紙にFTDX5000シリーズの広告が載っていて価格も出ていました。

Qsl_123

最上位機種のFTDX5000MPが¥715,000(税込み)です。

想像していたより低価格な気がしましたがそれでも70万円台ですので、そう簡単に買える値段ではないですね。

300Hzのルーフィングフィルター、ダイナミックレンジ112dB,IP3 +40dBm というスペックだと実際どのように聞こえるか大変に興味があります。

コンテストのマルチTX時やスーパーローカルからの影響をかなり軽減できることが想像できるので一度は聞いてみたいです。

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

FTDX5000MP

CQ誌や59の広告にでていたFTDX5000MPについての情報を少し集めてみました。

・FTDX5000MPのカタログ

・FTDX5000MPのマニュアル1

・FTDX5000MPのマニュアル2

だいぶ具体化しているようですね。スペックを見てみるとローバンドのCWを中心に運用する方には最適な無線機のように思えます。

是非一度実機で聞いてみたいと思える無線機です。

今年中の発売は無理だと思いますが、来年2月ごろまでには発売されるのでは?と予想しています。

気になる価格は定価で80万円以下ではないかと思っています。

いずれにしてもおいそれと簡単に買える値段ではないですね。

| | コメント (2)

2009年12月12日 (土)

アンテナ計画

以前のブログでも書いていましたが、アンテナをわりと煩雑に交換したくなる性分です。

今回もその虫が騒いできてアンテナ交換の計画中です。

ただし敷地の関係で大きなアンテナは無理なので、できる範囲で色々と考えています。

まずは計画の条件として

・ビームアンテナの場合ブーム長は6m以下

・エレメント長は12m以下

・タワーが1本なので、アンテナの本数はなるべく少なくする。

・できれば1.8~1200MHzまで全バンドQRV出来るようにする。

いつもながら厳しい条件なので、おのずとアンテナの選択範囲が狭くなってしまいます。

でも出来る範囲で色々と計画を練っているときが一番楽しいですね。

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

今日のDX

今朝は5時過ぎに40mCWでUA2FTとできたのが収穫でした。

後は7時30分前に20mCWでK2Vとできたぐらいでした。

最近無線はほとんどお休みしていましたが、少しずつ再開しています。

ブログもたまには書くようにして行こうと思っています。

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »