« 160mのTX4T | トップページ | チリ大地震に関するアマチュア無線非常通信周波数 »

2010年2月28日 (日)

SteppIR DB-18E その後

1月27日にあげたSteppIR DB-18Eのその後ですが、最初の1週間うまくコントロール出来ずに動作が不安定だったので、配線を換えて対応する予定でした。

ところがその後配線に関しては最新版であることが確認できたため、配線変更は行わないことになりました。

結局最初の1週間うまくコントロール出来ずに動作が不安定だった原因はわからずじまいでしたが、その後は問題なく動作しているのでこのまま様子を見ていこうと思っています。

|

« 160mのTX4T | トップページ | チリ大地震に関するアマチュア無線非常通信周波数 »

コメント

JF1UVJさん、こんにちは。
突然のコメントで失礼いたします。
SteppIR DB-18Eを使っておられるということで、コメントさせていただきました。私も4月だったか、DB-18Eを購入したのですが、アメリカの製品でマニュアルも英語なので、組み立てるのに難渋しています。
ご迷惑でなければ、いろいろと教えていただきたいのですが、よろしいでしょうか。
現在のところ、何とか16対のターミナルボックスを作って取り付けたところですが、ちょっと端子数が足らないようなので、増やす必要があるのかなあと思っています。
後、プラスティックのパイプ類の接続について細かい部分がよくわからないので、よければ教えてください。
よろしくお願いいたします。 

投稿: JA4DLF(綱島) | 2012年7月 2日 (月) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 160mのTX4T | トップページ | チリ大地震に関するアマチュア無線非常通信周波数 »