« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月21日 (土)

ちょっと低くなった東京タワー

一時的に東京タワーの先端部分が撤去されて低くなっています。

Photo

なんかちょっと寂しい感じがします。

| | コメント (0)

2012年7月18日 (水)

JARL理事選任に関する公開質問状に対する回答書

7月3日付で送ったJARL理事選任に関する公開質問状に対する回答書が昨日JA4DND松浦さんの所に届きました。

D0156483_20323413 D0156483_2033220

詳細につきましては回答書を読んでいただくとして、私の感想としては予想通りの回答書でした。

皆さんは様々な感想をお持ちになられると思いますが、今後のJARLについて考える良い機会だと思っています。

| | コメント (2)

2012年7月16日 (月)

CQ誌2012年8月号

昨日CQ誌2012年8月号が届きました。

Qsl181

今月号の注目記事はP166のアンテナ拝見NO.7です。JE1HPM前川さんのアンテナが掲載されています。前川さんには以前から大変お世話になっており、様々なアドバイスをいただいています。アンテナも色々と工夫されているのが記事からも伺えます。

| | コメント (0)

2012年7月 8日 (日)

JARL理事選任に関する公開質問状

旧聞になりますが平成24年6月24日開催されたJARL第1回社員総会を傍聴してきました。その際多くの疑問を感じましたので、他の方のご意見も含めてJARLに対して公開質問状をJA4DND松浦さんを代表として送付しました。今回のことを契機にJARLが少しでも良くなればと思っています。

理事選任に関する公開質問状

                                    平成24年7月3日

JARL会長        JA5MG 稲毛 章 殿

社員総会議長団 JG2GFX 種村一郎 殿

                       JA3DBD 宮本壮一 殿

 平成24年6月24日開催されたJARL第1回社員総会において、選挙で選ばれた理事候補者が選任されませんでした。我々会員が最も民主的な方法で選んだ理事候補者について、議長団の不公平かつ強引な議事運営で会員の民意、意志が抹殺されてしまいました。

 不公平な議事運営を強行した議長団と議長を指名した会長の責任を問うとともに下記の指摘事項に対し会員が納得できる明確な回答を7月13日までに文書で求めます。
なお本公開質問状および回答は公開といたします。

         ――――――――――― 記 ――――――――

1) 選挙で当選した理事候補者を社員総会で選任を否決した規則上の根拠について詳しく説明頂きたい。一般論や概論ではなくJARLの定款、規則のどの条文をどのように解釈したのかまた関連するすべての条文についてその適用をどのように判断をされたか丁寧にご説明願います。又、その判断と議決に対する会長の見解を求めます。

2)地方本部長理事候補者は、その地方本部で選挙によって選出された理事候補者ですが、社員総会では全国から選出された社員の決議により否決されました。
よって当該地方本部長は空席になりました。 当該地方本部会員の民意が反映されなかったことに対し会長の見解を求めます。 又、定款、規則上の不備はなかったのか合わせて見解を求めます。

3)議長団は規則26条の但し書き(2名までの理事を推薦できる)はこれを採用し、規則31条の但し書き(選挙の結果で一括承認できる)はこれを採用しませんでした。このきわめて不公平な議事運営に対し、その根拠と理由を詳しく説明願います。 又、31条但し書きの「選挙の結果」とはどういう選挙の結果の場合これを採用するのか見解をお示しください。

4)議長団は挙手採決において、保留とした議決権について賛成に加えませんでした。 議事運営規定3条には、議決権行使書において各議案について賛否両方に表示がある場合または両方にない場合はいずれも賛成とみなすと規定されています。挙手採決の前に議長団から保留について上記趣旨との関連についての説明がありませんでした。
なぜ説明しなかったのかその理由を明確に説明願います。
又、なぜ保留は賛成に加えなかったのか合わせて説明を求めます。

5)役員選任についての審議において、選挙で当選した新理事候補者には議事資料の配布がありませんでした。審議を受ける当事者である新理事候補者に資料の配付がなかった理由を説明願います。
又 議長は新理事候補者も含めて理事全員を会場前列に整列させ特定の質問に答えさせました。出席義務のない新理事候補者まで傍聴席から引っ張り出し、一切の反論を受け付けないという候補者の人格と権利を否定する極めて独善的な議事進行を行いました。
これは規則、運営規定のどこに該当する行為か説明を求めます。 又、本件に対して議長指名責任者である会長の見解を求めます。

6) 社員に配布された議決権行使書には記名が求められていますが採決について記名投票にしなかったのはなぜですか?
理事候補者の選任に関わる重要案件を各社員の議決権行使についての記録が残らない挙手採決とした議長判断の理由を説明願います。
又、挙手採決に当たって議長は「写真撮影を禁止する」と宣言されたがその理由を説明願います。

                                            以上

公開質問代表 JA4DND 松浦博美 690-0021 島根県松江市矢田町390
         JA1HGY 間下尚彦
                     JH1AGU 青木敏樹
                     JE1CKA 熊谷隆王
                     JF1UVJ 水村 磨
                     JM1EJH 竹内 修
                     JA2GXU 土屋正道
                     JA3EGZ 妻鹿嘉和
                     JA4LKB 上田 茂
                     JA5DBE 立花武博
                     JA6VQA 田上昭雄
                     JA6WFM 中村博典
                     JA7IC 柳沼輝雄
                     JA7MSQ 算用子 徹
                     JO7RLF 熊坂英登
                     JA8DON 和田一信
                                                                                       (以上16名)

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »