« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月26日 (日)

ハムフェアー2012

昨日ハムフェアー2012に行ってきました。

Dsc01998_2

注目点は無線機製造各社が展示していた新製品です。

まずはKENWOODのHF機TS-990Sです。

Dsc01999 Dsc02000 Dsc02001 Dsc02002 Dsc02003

フロントパネルにはたくさんのスイッチ、つまみがついています。

受信音も少し聞けましたが実際に自宅で聞かないと評価はできないと思います。でも久しぶりのフラッグシップ機なので、購入された方の今後の評価情報を聞いてみたいと思います。

YAESUはFTDX5000の廉価版FTDX3000を出品していました。価格も決定し340,200(税込)になりました。デュアル受信はできませんが受信性能はFTDX5000ゆずりですので期待できそうです。

Dsc02004 Dsc02007

ICOMはモービル機のIC-7000の後継機種のIC-7100を出品していました。

フロントパネルは最初からセパレートするタイプのようです。その影響でIC-7000は製造中止のようです。ハムフェアーでも依然と比較してだいぶ安い価格で販売されていました。

全体として昨年より入場者が増加している感じがしました。

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

CQ誌2012年9月号

17日金曜日にCQ誌2012年9月号が届きました。

Qsl182

今月号の注目記事はモールス通信の魅力です。最近はRTTYやSSBのQSOの割合も増えてきましたが、それでもCWのQSOが50%位で最も多くなっています。

DXとのQSOがほとんどですので、とくにローバンドの弱い信号の時はCWが一番向いています。そんなことからCWの割合が多くなっています。

| | コメント (2)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »