« ハムフェアー2012 | トップページ | CQ誌2012年10月号 »

2012年9月 8日 (土)

昔のRTTY運用

最近RTTYでQSOすることが増えてきました。RTTYにはかなり昔から興味があって時々運用していました。下の写真は1976年当時のシャックです。

1976

メインのリグはTRIOのTS-520Dです。写真の左側に大きく映っているのが、RTTYマシンであるテレタイプ社のMODLE 15です。いわゆるテレタイプのマシンですが、動作音がとにかく煩くて夜遅くに運用すると家族からクレームが入りました(笑)

参考資料にYOUTUBEとマシンの詳細についてのリンクを張っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=FWa6u5_Itvs

http://www.rtty.com/development/teletype/model-15/index.html

YOUTUBEをご覧いただくと、音の大きさが実感いただけると思います。(笑)

このマシンとST-6を使っていました。ちゃんとしたコールサインや文章が印字されるとうれしかったことを覚えています。

|

« ハムフェアー2012 | トップページ | CQ誌2012年10月号 »

コメント

懐かしいですね。
私もモデル15を使いましたけど、
とにかく凄い爆音でマイリマシタ。
クラインシュミット社のほうが断然静かでしたね。
モデル15はテレタイプ社だったよね。

投稿: みどりのたぬき | 2012年9月 8日 (土) 09時14分

みどりのたぬきさん

こんにちは
このマシンはみどりのたぬきさんから譲っていただいたものです。
確かにテレタイプ社製でしたね。ご指摘ありがとうございます。早速訂正しました。
とにかく音が大きくて大変でした。
今はMMTTYで楽な運用をしています。

投稿: JF1UVJ/水村 | 2012年9月 8日 (土) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハムフェアー2012 | トップページ | CQ誌2012年10月号 »