« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月26日 (金)

DX情報について

以前のブログにも書きましたがDX情報について少し書かせていただきます。

昔は雑誌などの情報をもとにただひたすらワッチしてDXを探していました。今はインターネットによるWebクラスタ、様々なDX情報ページなどから得られる情報によって、狙っている未交信のカントリー(エンティティー)を探すことが容易な時代になりました。

しかしこの情報が発展した時代だからこそワッチの重要性がより増したと思っています。

Webクラスタに載る前に探したり、事前の情報に基づいて待ち受け受信をして、パイルアップになる前にQSOしたり、クラスタに載っていない局を探したりすることでQSOがしやすくなると思います。

皆さんクラスタへの情報の載せ方に対しては色々なお考えに基づいて行っているかと思います。

私のやり方を押し付けるつもりは全くありませんが、私の場合基本的には以下の方針でクラスタへの情報を載せることにしています。

・DXペディションの局で皆さんが是非やりたいと思っている場合でも、まだ呼んでいる局が少ない場合には載せない。呼んでいる局が少なければ、大きな設備ではない局もQSOできる確率が上がると思っているからです。

・自分がQSOできたとしても直ぐには載せず、呼ぶ局が少なくなってCQを出し始めたら載せる。

・クラスタに載せるとあっという間にパイルが激しくなることをよく理解して、載せる情報を選択する。

以上の3点を基本的な考え方としています。

ただし自分の考え方を皆さんに押し付けようとは思っていません。あくまでも私個人の考え方です。

私としてはDX好きのより多くの局が少しでもQSOしやすくなれば良いなと思っています。

私は開局以来30年以上ずっとルーフタワーでDXをやってきました。クランクアップタワーになってまだ7年弱です。

ルーフタワーなので聞こえない、飛ばないは日常茶飯事でしたが、モチベーションを保って細く長く継続してきたことで、ひとつひとつ未交信のエンティティーを減らしてきました。

”継続は力なり”の言葉通りこれからもマイペースで好きなDXを続けていこうと思っています。

| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

CQ誌2013年5月号

今日CQ誌2013年5月号が届きました。

Qsl200

今月号の注目記事は先日もブログに書かせていただいた「アマチュアバンドプランの改正案」についてです。今回の案で国際的な整合がとれます。電波はコンディション次第で世界中に届きますので、国際的な整合は重要な問題だと思います。皆さんもぜひ賛成の意見をJARL周波数委員会までお送りください。

なおメールを送る際のアドレスは lab@jarl.or.jp で件名を「周波数使用区分について」としてお送りください。

| | コメント (0)

2013年4月 4日 (木)

JARLニュース春号の「アマチュアバンドプラン改定案」について

先日届いたJARLニュース春号に「アマチュアバンドプラン改定案」についてご意見をお寄せくださいという記事が掲載されていました。主な改正点はRTTYモードにおける海外のアマチュア局との交信に限り、現状より使用できる周波数の帯域が拡大されたバンドプランになります。この改正案でRTTYのバンドプランがようやく現状に追い付いてきた感じがします。現在は使用できる帯域が狭く、海外のアマチュア局を呼びたくても呼べないことが多々あります。このバンドプランの改正案は大変有意義な案だと思います。私はJARLに「アマチュアバンドプラン改定案」に賛成のメールを送りました。皆さんもJARLに「アマチュアバンドプラン改定案」賛成の意志表示を是非お願いします。

 なおメールを送る際のアドレスは lab@jarl.or.jp で件名を「周波数使用区分について」としてください。

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »