2006年9月 3日 (日)

アマチュア無線

 今日からタイトルの本題である趣味の話しをしたいと思います。

アマチュア無線は中学生のころから興味がでてきて、自分で真空管のラジオを作ったりしていました。材料はその辺に捨てられていたテレビを拾ってきて、分解して真空管やネジまで使いました。シャーシはお金がないので、カステラが入っていた木箱に彫刻刀で穴を開けたりして作りました。

まあこんな作りですので、ハム音が「ブーン」と入ったりしましたが、放送局が聞こえてきた時の感激は今でも忘れていません。

こんな経験がアマチュア無線を30年以上続けている理由かもしれませんね。

Qsl

      1976年当時のシャック(無線室)

| | コメント (0) | トラックバック (0)